WiMAXの解約に掛かる費用を最小限に抑える方法について

WiMAXの解約は契約しているプロバイダに連絡することで解約することが出来ます。しかし、解約するタイミングを間違えると違約金が高くなることもあるので、今回は解約に掛かる費用を安く済ませた上で解約する方法を紹介します。

WiMAXの違約金は高額になるケースも

WiMAXを解約する際、更新月であるかどうかが重要な要素となります。その理由としてはWiMAXは携帯電話の2年契約プランと同様に更新月以外に解約すると違約金が必要となるからです。WiMAXの場合は基本的に3年間となっており、契約期間中の更新月以外に解約手続きを行うと違約金が発生してしまいます。

解約する際の違約金は契約していた年月で変わることが多く、WiMAX2+のプランを例に挙げると契約期間が1?12ヶ月間の場合で19000円、13?24カ月間の場合で14000円、25カ月間で9500円、37カ月間では0円、それ以降の期間は9500円となっていて、契約期間が短いと違約金が高額となります。

更新月と解約締切日を確認する

解約金を支払いたくない場合には、更新月に解約することがベストとなります。しかし、WiMAXのプロバイダによって解約手続きを更新月の何日までにしなければいけないという解約締切日が異なっており、この解約締切日以降に解約を申し込んだ場合には翌月での解約となってしまい、月額料金と違約金の2つが発生してしまいますので注意が必要です。

その為、電話やオンラインではなく郵送を使って解約する場合には、解約締切日までに到着するように発送するように心掛けてください。

タイミングによってはキャッシュバックが無効になるケースも

WiMAXに契約するとキャッシュバックを受けられるキャンペーンを活用している場合、解約時期がキャッシュバックの受け取り前ならキャッシュバックが無効となることがほとんどです。その為、キャッシュバックの受け取り金額と違約金を比較して、キャッシュバックを受け取った方が得となる場合には解約時期を遅らせた方が良いでしょう。

まとめ

WiMAXの解約はタイミングと方法を事前に調べた上で、無料で行えるようにするなど負担を最小限に抑えましょう。

関連資料